今、日本中のあらゆる所であたりまえのように行われているストレッチ。
 しかし、そのストレッチは本当に健康の為、怪我の予防の為などになっているのでしょうか?皆さんは自分の體(からだ)にその答えを聞いた事がありますか?
 一昔前、日本では練習中に水分を取るなと言われていました。また、うさぎ跳びはトレーニングの定番になっていました。しかし今ではどうでしょうか?そんな事をしている現場は見当たりません。なぜか?それは間違った考え方、トレーニング方法だと人々が知ったからです。
 それと同じことが今、ストレッチの世界でも起ころうとしています。
 普段あたりまえに行っているストレッチは、筋肉の柔軟性を失い、怪我の予防になっていないということです。では何を行えばいいのか?
 答えは「骨ストレッチ」です。
 骨ストレッチは、「いつでも、どこでも、道具いらず」で、一人で簡単に行えます。そしてその効果は本当に驚くべきものです。骨ストレッチとこれまで行っていたストレッチとを比較した場合、體の反応は全く違います。これまでのストレッチがいかに柔軟性を失い、怪我の予防になっていないかが分かります。
 これまでのストレッチが絶対だと信じていた方も、骨ストレッチをして一度自分の體に答えを聞いてみて下さい。
 答えは體が知っています!!
 私自身、骨ストレッチに出会うまでは、ストレッチはどれも同じだと思っていました。しかし骨ストレッチに出会い、體の反応の違いに驚いた日の事を今でも覚えています。
 今、時代はあらゆる事で変化を迎えています。ストレッチの考え方も変わらなくてはいけない時代に来ているように思います。私は骨ストレッチがその考え方を変える一番の起爆剤になると信じています!
 本物のストレッチである「骨ストレッチ」を行って、體が喜ぶ声を聞いて下さい。
 感謝

× 閉じる